読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人島旅WEB~日本全国の島~

まだまだ日本も捨てたもんじゃない!日本全国の400以上の有人島、離島を一人旅で調査していくブログ。もっとたくさんの人に島のすばらしさを知ってほしい。いろんな島へ旅に出てほしい。そんなブログを目指します。

【男鹿島犬問題?】旧採石場には犬が追いかけてきた。ガチでヤバイ!

【プロローグ】

岩肌が丸見えな山が見える。

f:id:camelstation:20160221201830j:plain

   

そこは男鹿島。

 

家島の隣にある島に私はまもなく上陸する。

 

この島には神社や遺跡があるらしい。

 

採石場が多数存在している。

 

船着場につくなり、私に老人は言った。

「降りるの?ここには何もないよ。」

 

レンタルサイクリングとかありますか?

「何もないよ。何も」

 

【島の散策を開始する】

 

f:id:camelstation:20160221201839j:plain

なにもないと言っても過言じゃない。

 

あたりは静かだ。舟番の老人は80歳、365日舟番をしているそうだ。 

 

あたりを見回すと本当に何もない。

 

近くに看板がある。

f:id:camelstation:20160221201838j:plain

現在地が左上の淡賀盾崎だろう。

 

このまま歩いて右側の「青井の浜」が美しいらしい。

 

私はそこに向かう。グーグルマップで唯一地名がでている場所だ。

 

鹿公園という名前の場所があるが、鹿数匹、柵入れらている。

 

f:id:camelstation:20160221201843j:plain

 

f:id:camelstation:20160221201842j:plain

鹿たちは元気がないように見える。

 

ずっと枝を噛んでいる。枝の薄皮を食べているようだ。

 

柵内には草一本生えていない。放置されているのだろうか・・・・

 

雰囲気が重い。ちょっと怖いながらも私は先へ急いだ。

 

 

【いつの間にか採石場へ】

 

鹿の場所がからほどなく進むと道がなくなり・・・というか、舗装道路がなくなり、

あたりはがれき道へと変わっていった。

 

f:id:camelstation:20160221201859j:plain

荒野に一人。

 

そんな状況だ。

 

f:id:camelstation:20160221201902j:plain

ほどなく進むと巨大な岩肌が見える。

 

男鹿島は採石場の島だと聞いている。

 

見事に山が切り崩されているようだ。

 

写真からは巨大さが伝わらなくて残念だ。

 

f:id:camelstation:20160221201903j:plain

ちょうど山で日陰になる。寒い。夕方の15:30ぐらいでこんな雰囲気だ。

 

f:id:camelstation:20160221201901j:plain

道をドンドン進むが、人の気配がまったくない。

 

f:id:camelstation:20160221201909j:plain

誰もいない。

 

f:id:camelstation:20160221201908j:plain

空は雲一つない。爽快だ!

 

f:id:camelstation:20160221201913j:plain

巨大な砕石跡の隣を歩いて「青い浜」を目指す。

 

道は一本道でこの道以外はどう考えてもない。

 

青い浜の存在を私は疑っている。

 

 

そんな広々したこの空間に声が聞こえた。

 

【犬の声が聞こえる】

遠くで犬の声が聞こえる。

 

犬が遠くで吠えているようだ。

 

 

山の裏側なのか?かなり遠くに感じる。

 

繋がれているようだ。

 

声は近づいてこないようだった。

 

先へ進む。犬はキライだし。

 

f:id:camelstation:20160221201914j:plain

足元が変だ。

 

浜の砂のようなものが点在している。

 

海水が上がってきているのか、湧き出ているのか、水たまりが見える。

 

f:id:camelstation:20160221201916j:plain

 

この通り、先に水たまりが・・・・

 

進むべきか、進まないべきか悩むところ。

 

犬の吠えるのもちょっと怖くなってきたので、引き返そうと思う。

 

 

f:id:camelstation:20160221201915j:plain

私の足型がついている。

 

長い期間誰も歩いていないのだなと思う。

 

ワンワーンワンワーン

 

うるさい犬どもだ。

 

私は不安がよぎっている。

 

誰もいない。

 

私一人。

 

夕方。

 

の条件がそろうとひどい目に今までもあってきたのだ。

 

f:id:camelstation:20160221201919j:plain

目を凝らさないと見ないが、中央に白い点がある。

あれは犬だ!白い犬がおる。

 

いつの間にか゚ガケの上に犬が見える。

 

上の写真だと望遠で撮影しても点にしか映らない。

 

それほど離れている。

 

 

崖の上の犬たちが怖い男鹿島

 

危険をかなり感じているので、私は急いで引き返すことにした。

 

1匹ではない、複数いる。犬が複数いる。

 

大きくはないようだが、かなり吠えている。

 

かなり興奮しているのがわかる。怖い。

 

かなり怖い。

 

ビビりとでも何とでも言ってくれ。怖いものは怖い。

 

動物が檻の中に入っていないのは怖いのだ。

 

かなり速足で私その場を離れようと、青い浜はさっさとあきらめて競歩でその場を移動する。

 

ガケの上に犬だ。ガケなので、大丈夫とは思うのだけど、それでも怖いのだ。

 

 

 

 

すると、

 

 

ガレキの上から、

 

 

 

石が落ちる音がする。

 

 

 

 

 

カラカラカラ・・・・

 

それも複数だ。

 

 

 

 

カラカラカラ・・・・

 

 

 

 

興奮した犬が落ちたか?

 

 

まぁそれも仕方がない。

 

 

落ちた犬が悪いのだ。

 

 

私は関係がない。

 

 

 

後ろから走ってくる音が聞こえる。吠えながらだ。

 

 

 

 

 

心臓がバクハツしそうにはねた。

 

見ると犬が猛ダッシュこちらに向かっている。

 

走ったよ。

 

私は走ったよ。

 

 

犬は本能的に走るものを追いかけるらしいけど、

 

人間は追いかけられたら本能的に走るのだと思ったよ。

 

だって、走ってくる犬は一匹ではなかったのだから

【犬と対峙する】 

f:id:camelstation:20160221201923j:plain

まさかとは思っていたけど、誰もいない島で野犬に追いかけられる恐怖。

 

 

写真では2匹しか確認できませんが、白犬、黒犬、茶色の犬がガケから順番に降りてきて順番に追いかけてきたんです。

 

すぐに犬に追いつかれました。

 

完全に噛もうとしてきます。

 

 

もう走れません。

 

観察してわかりましたが、犬の方向に目線をやると、犬は下がります。

 

目線を外すと一気に間合いを詰めてきます。

 

犬に追いかけられる、男鹿島。

 

 

 

マンガみたいな話ですが、棒を振り回したり、石を投げたりして、

 

噛まれないように必死です。

 

 

1匹じゃないので、タイミングを計って走ります。

 

走らないとダメだ。ダメだこれ!

 

周り囲まれたら無理だこれ!

 

 

周りを取り囲まれないようにしながら、対峙しては棒振る、石投げる、

 

後ろダッシュ(後半はもう背面向けて逃げられないぐらい囲まれてる)

 

犬見ながら後ずさり移動。これだ。これが安全だ。

 

安全でもないけど、ガンガン間合いを詰めてくる。

 

 

あーもうホントになんでこんなことになったのかな!!

 

 

もう!!ハラタツ!!!このクソ犬こらぁー!!

 

 

 

 

 

【エピローグ】 

まさか、この歳で犬と戦うことになるなんて思ってもみなかった。

 
今まで生物に対して危険を感じたことは多々あった。
 
屋久島では屋久サルに威嚇されて超怖かった。
対馬では野生の対馬シカが現れて超怖かった。
隠岐の島では馬にちょっかいを出され超怖かった。
今まで怖い思いはたくさんしたつもりだった。
 
今までの相手は襲うつもりは多分ないと思う。威嚇だったり、相手も怖いから近寄らないように声出したり牙をむくのだろう。
 
今回は違った。完全に襲ってきた。
追っかけてきた。足首や手首、顔を狙って飛びついてきた。
怖かった。心臓がバンバンに警報を鳴らしてた。周りの空気が違うかった。私しかいなかった。安全はどこにもなかった。
動物虐待とかそういうもんじゃない。相手は私を排除しに襲いかかってくるのだ。
 
 

f:id:camelstation:20160221201926j:plain

 
テリトリーを抜ければもう追ってこなかったが、この年齢になって本当に怖い目にあった。
(舗装された道路までくると追ってこなくなった、採石場の犬だったのか?)
 
世の中で犬で追い回された経験のある人間はどれほどいるだろうか・・・・?
子供の時とかとはワケが違う。
 
だれもいないような無人島、本当に誰も助けてくれない状況。
 
あぁー・・今日も私は生きている。
 
犬キライ。犬超絶キライ。
 
 
よかった。よかった万歳。人生万歳!
 
 
そうして・・・私の旅は続くのであった。
 
追伸:この話をするとみんな私のことをバカな奴だと言うけど、一回みんな犬に囲まれたらいいと思う。噛まれろ!みんなちょっと追いかけられてみろってんだ!!プンプン!! 
 
 
おわり(いろんな意味で)