読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人島旅WEB~日本全国の島~

まだまだ日本も捨てたもんじゃない!日本全国の400以上の有人島、離島を一人旅で調査していくブログ。もっとたくさんの人に島のすばらしさを知ってほしい。いろんな島へ旅に出てほしい。そんなブログを目指します。

【男木島まとめ】男木島を歩こう!~オススメな場所一覧~

男木島へ行ってまいりました!!

 

個人的な意見にはなりますが、「男木島」の見所+おすすめ芸術などなど、紹介してまいります。

現地の方に聞いてきました!!聞いたのは次の二つだけ!!

「おすすめなアートはどれですか?」「男木島のオススメスポットはどこですか?」 

いろんな情報が聞けました!!私の個人的な意見も入っていますし、個人的なものなので、あらかじめご了承ください!!

 

よーしそれでは行ってみようじゃないかーい!!

 

【男木島おすすめ一覧】

瀬戸内国際芸術祭って?

3年ごとに行われているワールドワイドなアートの祭典

「海の復権」をテーマに現代アートが12の島と2つの港で開催される

アートが島をめぐるビックでクールな芸術祭なのだよ!!

 

男木島って?

別名「猫島」ともいわれる。さくら猫たちの住む島。

香川県高松市高松港からフェリー40分で行ける離島。

人口は184人、面積1.37km²、周囲5km

歩いても十分島を一周回ることができる→2~3時間でできた。

車で大阪から3時間30分~4時間っていうところだ。

高松港に駐車場はあるけど、30分150円。1時間は300円だ。

今回8時のフェリーに乗って、男木島、女木島に行ったけど、帰ってきたらまぁ3000円くらいだったよ。

 

人口、面積は? 

高松港の北々東約7.5kmの海上にあり、東西軸約1.1km×南北軸約1.8kmの楕円形の島である。また、男木港の南々西約4kmに女木港があり、男木島の南端と女木島の北端は、約1kmである。島の面積は1.38km2[2]、周囲は4.7km、最高点のコミ山は212.8mである[3]

島内の各所に多島海が眺められる展望景観を有し、1934年(昭和9年)3月16日に国立公園として初の[注 1]瀬戸内海国立公園に指定された[4]

島の人口は180人、世帯数は115世帯、過疎化の進んだ状態である[注 2]。人々は、男木港周辺の山の斜面に密集して集住する。また、島に平地が少なく、少ない耕地も段々畑である。そのため、主漁従農の島である。かっては、牛を飼育し、春秋の農繁期に「借耕牛」として髙松方面に貸し出し、対価に米を得る家庭も多かった[5]

多島海の眺望に加え、急勾配の斜面に建つ家屋と街路は、男木島独特の景観である[6]。そして、男木島灯台[7][注 3]・大井海水浴場・男木島水仙郷などで観光客を集める。近年は瀬戸内国際芸術祭とともに、過去開催の恒久作品の鑑賞に多くの方が訪れている。

男木島の読みは、「おぎま」と「おぎま」の2通りがみられるが、国土地理院海上保安庁[2]が定めた「おぎま」とする[3]

人口は180人

面積は1.38㎞、周囲は4.7km

つまり歩いて島を周れるサイズなのだ。端から端まで十分歩いてまわることもできる。

レンタルサイクルもある。だけど電動じゃないと島はかなりアップダウンがあるので厳しい。電動アシスト付きのほうが無難だろう。

いやいや、みんな・・・歩こう。ブラブラ歩いて楽しむ島だと思う。

芸術品を見るなら歩こう。自転車邪魔や。

島名の由来

男木島と女木島を男女に見立て、オギの「オ・雄・男」に対し、メギの「メ・雌・女」と思われる。「ギ」は、木の多い「木島」、防御地の「城島」との説がある[9]

この記事の見方

この記事は個人の意見なので、絶対にそうだとか言いません。

なぜなら芸術作品は人それぞれの感性なので、いいも悪いもないかもしれません。

でも「個人的に好きだなぁーっ!!」というものや、「時間がなくても見てほしい!!」「カメラ撮影してぇぜよー!!」という表現をしています。

是非、この記事を見て「男木島に行ってみたいなぁー」って思ってくれると嬉しいです。あ、うれしいでごわす。

※本当に個人の意見だからね!!いろいろ島の人に聞くと教えてくれるんですよ!!

ひゃっほぉー!!順不同です。

場所がわからない場合は現地で人に聞きながら旅するとおもしろいよ!!

 

おすすめ芸術作品

おすすめな男木島で出会った現代アート

何がオススメかって?そりゃもちろんカメラに収めたい

ものをオススメするぜ!!もちろん個人の感想だからアートは全部見てほしいワケ。

本当は全部オススメなんだけどそれだとね。パンフレットと一緒になっちゃうからね。

 

順不同だけどこれ見てきてほしいワケ!!

※番号は作品番号です。

 

059 SEA VINE

室内につるされた、蔓や花たちが部屋いっぱいに広がっています。

しかもこれは陶器でできていて、そのひとつひとつに瀬戸大橋や景色が映りこんでいるのだとか・・・・。す、すごすぎると思った作品。パシャーパシャ(シャッター音)

f:id:camelstation:20160814014133j:plain f:id:camelstation:20160814014135j:plain f:id:camelstation:20160814014139j:plain

この細かさと繊細さ・・・マジヤバイでな!!

島の人の話を聞くとよく出てきたのがこのアート!!やっぱりっていうかさすがにスゴイのがわかる。 

061 オルガン

島のあちこちにつながるオルガン。

声も届くしなんかいろんなものが島中にあふれるようなそんな想像をしてしまう。

白と青のコントラストとあちこちに伸びるパイプがなんとも心を躍らせてくれます。

f:id:camelstation:20160814014121j:plain f:id:camelstation:20160814014235j:plain

アート、芸術、いろんな名前があるけど、「おもしろい」という答えが多かった!! 

 確かに面白いしすごいファンタジーだわこれな!!

062 記憶のボトル

たくさんのボトルとボトルの中に思い出の品が入った素敵なアート。

まるで夢の中にいるような錯覚を感じます。

仮面ライダー龍騎にこんなシーンがあったような気がします。

超これ好きだわw

f:id:camelstation:20160814014109j:plain f:id:camelstation:20160814014107j:plain f:id:camelstation:20160814014108j:plain 

 まぁ最高!!パシャーパシャー!!

話で一番多く出てきたのがこのアート。

狭い家※倉庫?みたいな一部屋をつかったアート作品。

すごい印象に残ります。たぶんコレが一番人気なのだろう。

 

058 アキノリウム

1階は美しい影絵の世界。なんとも言い難い不思議な空間で、まるで絵本の中に入ったみたいだ。

2階は自然の音色のサウンドが聞ける。よく見ると全自動演奏だが、どこからどの音が出ているのかとても興味深い。音色に癒されてほしい。 

 

f:id:camelstation:20160814014234j:plain f:id:camelstation:20160814014231j:plain

ついでに・・・みたいな感じで出てくる名前!

いやいやついでなんてもんじゃない!すごいアート作品。体感できる作品。 

そのほかのアート作品

064 部屋の中の部屋

異空間に迷い込んだような一室。

どこが上でどこが下なのか?

リアルサイズで作られた部屋。

まるでキューブみたいだ。

 

f:id:camelstation:20160814013601j:plain f:id:camelstation:20160814013606j:plain f:id:camelstation:20160814013604j:plain

 「オルガン」同様「おもしろい」の枠に入ったアート作品。

確かにコレはおもしろい!!

 

065 歩く方舟

フェリーからも見えたでしょ?

なんなのあのオブジェって?

夏場に近くづくには気を付けたほうがいい。

ミミズとセミが大量に死んでいる。

女性陣で苦手な人はうん。なんていうの。ガンバレ!!

f:id:camelstation:20160814013919j:plain f:id:camelstation:20160814013922j:plain

存在感がすごい!!

 

053 男木島の塊 f:id:camelstation:20160814014319j:plain

男木島の港。

かっこいいアート作品でなんて書いてあるのは未だにわからない!!

中には観光案内とグッズの販売があり、看板もなんだかかわいいくてとても楽しい!!

一回は中に入っていろいろ見てみよう。

 

f:id:camelstation:20160814014322j:plain f:id:camelstation:20160814014318j:plain

 

 

056 オンバ・ファクトリー

オンバていうのは乳母車だそうで、乳母車アート+カフェなんですって!!

とってもおしゃれな雰囲気を感じます!!

 

f:id:camelstation:20160814014257j:plain f:id:camelstation:20160814014259j:plain

 

そのほかにももっとたくさん様々なアートがあなたを待っています。

島のご飯も楽しみの一つですよ!!

くわしくは

 

simaweb.hatenablog.com

 

 

 

男木島の行ってほしい場所

アートだけじゃない!男木島の魅力はまだまだたくさんあります。

またカフェを新しくはじめる人や、島へ移住してくる人も多くなっているようで、

いろんな人が集まってきているもの素敵な魅力のひとつ。

ぜひ、島を冒険してみよう★

 

男木島図書館

新しくできた図書館。図書館といってもいろんな人が集まれるように工夫をしている。

看板は私の知人が作ったもの。とてもオシャレな内装と魅力的な建物なんだ!!

是非とも遊びに行ってほしい。

 

f:id:camelstation:20160814014306j:plain

 

 

simaweb.hatenablog.com 

豊玉姫神社

神社にはだいたい猫がいてるみたい。

あと階段の下の民家で猫飼ってるので猫見たい人はいってもいいかも。

島の上に位置しているので神社から港が見れるのもこの場所だけかも? 

f:id:camelstation:20160814014002j:plain f:id:camelstation:20160814014010j:plain

男木島灯台 

30分くらい歩くかもしれないけど、以外とすぐにつく灯台

距離があるので自転車をレンタルしておくと簡単にたどり着く。

「歩く方舟」同様すごいミミズやセミ、虫の死骸+フナムシという最強のコンボが見れる。ある意味すごい。

そんな困難を乗り越えると美しい砂浜に素晴らしい造形の灯台が現れる。

この島のシンボル、男木島灯台だ。うん。何もないけど行くしかないだろう?

歩こうよ。なぁなぁブラブラ歩こうよ。

f:id:camelstation:20160814014200j:plain f:id:camelstation:20160814014204j:plain

simaweb.hatenablog.com

【チャレンジしよう】男木島でしてほしい事

①地図なしで歩く

場所はすべて現地の人もしくは旅人や観光人、芸術品の管理人に聞く。

旅の醍醐味は人と話すことです。カップルで行っても、家族で行っても、いい旅になるのか、ただ行っただけの旅になるのかは、人と関わることで変わります。

地図なしで歩くのは【絶対に困る】ことが大事です。誰かに助けを求めないとクリアできません。それでも小さい島なので十分感性だけでもいけるかもしれませんけどね☆テヘ

※鉄板トークは「あなたのオススメのアートはどれですか?」+「男木島のオススメ場所はどこですか?」です。このブログになりました。

②男木島図書館でグッズを購入したり、だらだら過ごそう

実は知り合いが男木図書館の看板デザインをしているのです。

そのグッズの販売があるのはここ男木図書館だけ!!

また、お姉さま方がいつもいてるので、お話をしにいきましょう★

f:id:camelstation:20160814014313j:plain f:id:camelstation:20160814014316j:plain f:id:camelstation:20160814014312j:plainf:id:camelstation:20160814014311j:plain←看板製作者がポストカードになって販売されていたよ。

 なんて自由なんでしょうか(笑)買いました。300円☆

ブックカバーがオススメです。

 

③猫の写真を撮影しよう

男木島は猫がたくさんいる!!って言われているけど、探さないと見つからない!

特に芸術祭の期間中は人が多いので猫は探さないと見つからない。

f:id:camelstation:20160814014004j:plain f:id:camelstation:20160814014015j:plain

 

simaweb.hatenablog.com

④ごはんを食べよう 

男木島には飲食店も多数存在する。

それもどれもが移住してきた人や島独特のお店を開いている。

いろんな楽しいオーナーさんばかりなのでぜひとも食事を楽しみながら

お話しを聞いてみよう!!

simaweb.hatenablog.com

 

 

まとめ

いやぁーどうでしょうか?ちょっと行きたくなりましたか??

男木島は大阪から車で3時間30分くらいで高松港までいけます。(いい調子でいければ)

1日休みがあれば・・・いや、2日休みがあれば、1日目は高松周辺で遊んで2日目で男木島、女木島の2島を楽しむことは十分にできます。

朝8時のフェリーに乗れれば十分2島いけます。

さぁーまだまだ十分いけるって!!一人でもカップルでもいけっから!!

男木島にいってらっしゃぁーい!!待ってるぜ!!

 

お世話になりました男木島のみなさま!!本当にありがとうございました。

 

瀬戸内国際芸術祭にいくならこれを持っていこう!!

 

瀬戸内国際芸術祭2016公式ガイドブック

瀬戸内国際芸術祭2016公式ガイドブック

  • 作者: 北川フラム,瀬戸内国際芸術祭実行委員会
  • 出版社/メーカー: 現代企画室
  • 発売日: 2016/03/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 島の本のバイブル的存在

 

原色日本島図鑑―日本の島443 有人島全収録

原色日本島図鑑―日本の島443 有人島全収録

 

 

 

瀬戸の島旅―小豆島・豊島・直島+22島の歩き方

瀬戸の島旅―小豆島・豊島・直島+22島の歩き方